犬が身近で出会う中毒植物リスト

犬と中毒植物3:アマリリス

犬と中毒植物:アマリリス
アマリリス:ヒガンバナ科ヒッペアストルム属の園芸雑種。

春植え球根の代表種で、こぶし大の球根は成長が早く4月に植えると1ヶ月後には開花します。

ヒガンバナ科の他の植物同様、球根などに有毒成分を含みます。

庭で犬を遊ばせる際に、
誤って犬が球根を掘り出して齧ったり食べたりしないよう注意が必要です。

毒性と毒性のある部位

毒部位:球根
有毒成分:リコリン
中毒症状:肝障害、脱力感、頻脈

分布・生息地

日本全国


犬が身近で出会う中毒植物リストを無料配布中!
犬に身近な中毒植物26種類をまとめたリストを無料でGetしませんか?
全日本犬のホームケア普及協会代表でドッグホームケアセラピストの諸橋直子が、犬が身近で出会う中毒植物26種類についてまとめたテキストを無料配布しています。
↓   ↓
今すぐ無料で申し込む!お申込みはこちらをクリック!


「犬が身近で出会う中毒植物」26種類をわかりやすくまとめたテキスト(電子書籍)を無料配布しています。

ご請求はこちらから!

メールでの
無料ご請求はこちらから!


Facebookページでも
最新情報をチェック!