犬が身近で出会う中毒植物リスト

犬と中毒植物15:スズラン

 

犬の中毒植物15:スズラン

スズラン:スズラン亜科スズラン属

 

強心配糖体のコンバラトキシン (convallatoxin)、
コンバラマリン (convallamarin)、
コンバロシド (convalloside) などを含む有毒植物です。

 

有毒物質は全草に含まれますが、特に花や根に多く含まれるため注意が必要です。

 

あやまって摂取した場合、嘔吐、頭痛、眩暈、心不全、
血圧低下、心臓麻痺などの症状を起こし、
重症の場合は死に至るとされています。

 

北海道などで山菜として珍重されるギョウジャニンニクと外見が似ていることもあり、
誤って摂取し中毒症状を起こす例が報告されています。

またスズランを活けた水を飲んでも中毒を起こすことがあり、
これらを誤飲して死亡した例もあるため犬・人共通で注意が必要です。

毒性と毒性のある部位

毒部位:全草、特に花や根
有毒成分:コンバラトキシン、コンバラマリン、コンバロシド
中毒症状:嘔吐、頭痛、眩暈、心不全、血圧低下、心臓麻痺などの症状を起こし、重症の場合は死に至るケースもある。

分布・生息地

本州中部以北、東北、北海道の高地に多く自生しています。該当地域にお住まいの方は特にご注意ください。


犬が身近で出会う中毒植物リストを無料配布中!
犬に身近な中毒植物26種類をまとめたリストを無料でGetしませんか?
全日本犬のホームケア普及協会代表でドッグホームケアセラピストの諸橋直子が、犬が身近で出会う中毒植物26種類についてまとめたテキストを無料配布しています。
↓   ↓
今すぐ無料で申し込む!お申込みはこちらをクリック!


「犬が身近で出会う中毒植物」26種類をわかりやすくまとめたテキスト(電子書籍)を無料配布しています。

ご請求はこちらから!

メールでの
無料ご請求はこちらから!


Facebookページでも
最新情報をチェック!