犬が身近で出会う中毒植物リスト

犬と中毒植物1:朝顔(アサガオ)朝顔

朝顔

朝顔:ヒルガオ科サツマイモ属の植物で
園芸用の花として日本では古来より親しまれている植物です。

夏には観賞用として多くの人たちが楽しんでいる「朝顔」。

そんな朝顔も誤って食べてしまうと犬にとっては大変なことになる!と知ったら
あなたは驚きますか?

毒性と毒性のある部位

毒部位:種子
有毒成分:ファルビチン、コンボルブリン
中毒症状:嘔吐、下痢、腹痛、血圧低下

分布・生息地

日本全国

その他の情報

朝顔の種は「牽牛子」(けんごし)と呼ばれる生薬としても使用されており、日本薬局方にも収録されています。
粉末にして下剤や利尿剤として用いられます。
但し、毒性が非常に強いため、素人判断による服用は厳禁です。


犬が身近で出会う中毒植物リストを無料配布中!
犬に身近な中毒植物26種類をまとめたリストを無料でGetしませんか?
全日本犬のホームケア普及協会代表でドッグホームケアセラピストの諸橋直子が、犬が身近で出会う中毒植物26種類についてまとめたテキストを無料配布しています。
↓   ↓
今すぐ無料で申し込む!お申込みはこちらをクリック!


「犬が身近で出会う中毒植物」26種類をわかりやすくまとめたテキスト(電子書籍)を無料配布しています。

ご請求はこちらから!

メールでの
無料ご請求はこちらから!


Facebookページでも
最新情報をチェック!